Instagram

 工場見学受付


サステナビリティ

社長メッセージ

地球温暖化に伴い、社会や環境への意識は高まり、私たちの生活、特に食を取り巻く環境において様々な課題が顕在化しています。
サラダクラブではグループ経営方針に則り、「社会・地球環境への貢献」を謳い、取組みを強化しています。
そして、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を参考に「食と健康への貢献」「資源の有効活用・循環」「気候変動へ対応」を重点課題に掲げています。

「食と健康への貢献」については、野菜摂取量増加への貢献を願い、生活者のご利用シーンに合わせ、多様なパッケージサラダをラインアップ、メニュー提案を通じて用途の拡大を図っています。
「資源の有効活用・循環」では、パッケージサラダの主要原料であるキャベツの芯や外葉など未利用部を発酵させて肥料や飼料にし、契約農家に提供するなど、資源の有効活用・循環に積極的に取り組んでいます。
また、千切りキャベツ、ミックスサラダについて、鮮度保持延長に取組み、業界ではじめて加工日に加え5日間鮮度保持できる技術を確立し、流通やご自宅での食品ロス削減に注力しています。
「気候変動への対応」においては、省エネ設備の導入やパッケージの肉薄化、工場近郊の農家と循環型の供給体制を築くことなど、CO2の排出抑制に努めています。

今後も、 「社会・地球環境への取り組みを強化」するとともに、グループがめざす「おいしさ・やさしさ・ユニークさ」を持って世界の食と健康に貢献すべく、野菜摂取量の向上に取り組んでまいります。

メニュー提案を通じたお客様の野菜摂取量増加の取り組み

厚生労働省の「健康日本21」では、1日の野菜摂取量を350g以上と定めています。それに対し、野菜平均摂取量は280.5gと、どの年代においても足りていません。
サラダクラブは野菜を無理なく楽しく食べていただくことで、からだだけでなくこころも健康になっていただきたいという想いがあります。そして、野菜を起点とした商品を通じて健康・笑顔のお手伝いを目指しています。
普段の食事や、時間のない時、ハレの日など様々なライフスタイルに合わせて選べるアレンジメニューをサラダだけにとどまらず、鍋物やおかずなど様々な調理方法で提案することで、お客様の健康と豊かな食卓をお手伝いします。

フードロスへの対応

  • サラダクラブでは、遠州工場で野菜廃棄物ゼロ化(飼料化と肥料化)を達成し、続いて三原、真庭、五霞、鳥栖、伊丹工場の完全肥料化によって野菜廃棄物ゼロ化を達成しました。
    「野菜廃棄物ゼロ化」とは、パッケージサラダを製造する際に発生する野菜の未利用部を、工場内で飼料や肥料の材料に変え、酪農家や契約産地に売却し、そこで育てられた野菜をまた納入していただく循環型の取り組みです。契約産地にとっても安価な国産肥料が手に入るというメリットがあると考えております。
    また、サラダクラブは通常処分していたキャベツの芯を使用した「キャベツライス」という商品を製造しており、こちらも「野菜廃棄物ゼロ化」に繋がっています。

  • その他に、千切りキャベツ、ミックスサラダについて、鮮度保持延長に取り組み、業界ではじめて加工日に加え5日間鮮度保持できる技術を確立し、流通やご自宅での食品ロス削減に注力しています。

生産者・調達先との取り組み

サラダクラブでは、産地と契約することで市場価格に左右されない取引を行い、生産者の経営の安定に貢献しています。
安全・安心な国産野菜の調達を基本とし、季節ごとに野菜の生育に適した産地と契約する産地リレーを行うことで、年間を通して安定した原料調達を行っています。同時期に複数の地域から調達することで、台風などの調達リスクを分散しています。
収量が増える時期にはパッケージサラダの増量品を企画・実施し、産地の持続的な生産体制の維持や産地廃棄削減の支援に努めています。
また、独自の原料評価基準を設け、出荷団体ごとに納品された原料の野菜の大きさ、葉の巻き具合などを評価し、産地の方にフィードバックを行うことで、パッケージサラダの製造により適した原料を納入いただき、工場での廃棄物削減や作業効率向上、異物混入リスク低減に繋げています。

エネルギー削減の取り組み

サラダクラブでは、エネルギー削減として電気・水・廃プラスチック類の削減に取り組んでいます。

電気使用量削減については、省エネタイプへ設備更新や定期メンテナンスの徹底、空調機等の設備に遮熱ネットの設置を行い、全工場で通年での削減に成功しました。
水使用量削減については、時間単位給水から必要時給水への変更や過剰給水の抑制で使用量削減を進めています。
廃プラスチック削減については、トレー、フィルムの薄肉化などで廃プラスチック削減を実現しています。

電気使用量 水使用量 廃プラスチック排出量
2024年度目標 550kwh/t(620kwh/t) 32t/t (36t/t) 7.0kg/t (8.6kg/t)

※(  )内は2019年度実績
※商品1tを作る場合

Page Top

トップ > サラダクラブのこだわり > 4つの約束