Instagram

 工場見学受付


プレスリリース

製法を見直し、新パッケージデザインに! お米のように食べる野菜「キャベツライス」リニューアル ~商品やアレンジレシピを紹介する特設サイトも開設~

2021/02/18

株式会社サラダクラブ(代表取締役社長:金子俊浩、本社:東京都調布市)は、「キャベツライス」(130g/100円)をリニューアルし、2021年2月24日(水)から発売します※。また、本商品のリニューアルに合わせて、商品情報やアレンジレシピを紹介する「キャベツライス特設サイト」(https://www.saladclub.jp/special/cabbage_rice/)を開設します。
※北海道・沖縄県を除く。東北は3月17日(火)より発売。

「キャベツライス」は、キャベツの芯の部分をお米サイズにカットして、ご飯のように食べていただく商品です。「ご飯」と比べて、糖質は約1/16、エネルギーは約1/8、食物繊維は約9.5倍で、健康や美容に関心の高い方や糖質が気になる方におすすめです。加熱後も、ほのかな甘みと、シャキシャキとした食感が残るため、チャーハンやオムライスといった主食メニューのお米の置き換えとして使用できます。

今回のリニューアルでは、製法を見直してキャベツ本来の風味を引き出すとともに、キャベツライスの魅力が伝わるパッケージデザインに変更しました。パッケージには、キャベツライスの風味や食感のポイントである「キャベツの芯」を使っていることや、栄養素、特許(第6636662号)、キャベツライス特設サイトの2次元コードなどの情報を入れ込んでおり、「キャベツライス」をより一層お楽しみいただけます。

商品概要

商品名 キャベツライス
内容量 130g
参考小売価格(税抜き) 100円
リニューアル発売日 2021年2月24日(水)
販売地域 全国※(北海道・沖縄県を除く)
※東北は3月17日(水)よりリニューアル発売

「キャベツライス特設サイト」コンテンツ

「キャベツライス」のリニューアルに合わせて、2021年2月18日(木)に「キャベツライス特設サイト」(https://www.saladclub.jp/special/cabbage_rice/)を開設します。特設サイトでは、「キャベツライス」の紹介や、様々なアレンジレシピを紹介します。

<2次元コード>

アレンジレシピ(一部ご紹介)

キャベツライスのチーズ風味オムライス

オムライスも、キャベツライスを使えばダイエットメニューになります。

■所要時間:約10分
■材料(1人前)
・◆キャベツライス 1袋
・ハム 2枚
・卵 1個
・A:牛乳 大さじ1
・A:粉チーズ 小さじ2
・A:塩 少々
・サラダ油 小さじ1
・トマトケチャップ 適量
■作り方
① ハムはみじん切りにする。
② フライパンにサラダ油を加え中火で熱し、「キャベツライス」・①を約3分炒め、お皿の中心よりやや手前に横に細長くなるように盛る。
③ ボウルに卵を割り入れ溶きほぐし、Aを加えよく混ぜる。
④ フライパンにサラダ油を加え中火で熱し③を流し入れ菜箸でさっとかき混ぜる。
⑤ 卵が半熟になったら②に、両端の卵を折るようにし被せ、トマトケチャップをかけて完成!

キャベツライスとしめじのドリア風

キャベツライスにしめじを加えたドリアです。半熟になったたまごを絡めてどうぞ。

■所要時間:約10分
■材料(1人前)
・◆キャベツライス 1袋
・ミートソース(市販品) 100g
・シュレッドチーズ 30g
・たまご 1個
・しめじ 1/4株
・バター 小さじ1
・塩・こしょう 少々
■作り方
① しめじは石づきを取ってバラバラにする。
② スキレットを中火にかけてバターを入れて溶かし、「キャベツライス」、①を入れて3分ほど炒め、塩こしょうで下味をつける。
③ ②にシュレッドチーズを散らし、ミートソースをかけ、中央にたまごを割り入れる。
④ ③をトースターで5分前後焼いて、チーズがとろけたら完成!
※お好みで刻みパセリをふってください。

キャベツライスの梅昆布茶漬け

キャベツライスで作るお茶漬けなら、〆にもぴったりです。

■所要時間:約5分
■材料(1人前)
・◆キャベツライス 1袋
・梅干 150g
・塩昆布 大さじ4
・緑茶(温かいもの) 大さじ3
■作り方
① 「キャベツライス」は袋の表示通りに電子レンジで加熱する。
② お皿に①を盛りつけ、緑茶をかける。
③ 梅干・塩昆布をのせて完成!

キャベツライス入りミネストローネ

野菜トマトジュースを使えば簡単に深い味わいのミネストローネが完成します。キャベツライス入りで、食べ応えも満点です。

■所要時間:約20分
■材料(2人前)
・◆キャベツライス 1袋
・人参 1/2本
・しめじ 1/2株
・ベーコン 1枚
・A:野菜トマトジュース 250ml
・A:水 150ml
・A:コンソメ(顆粒タイプ) 小さじ2
・オリーブ油 大さじ2
・粉チーズ 適量
・塩 少々
・こしょう 少々
■作り方
① 人参は1cm程の角切りにする。
② しめじは石づきを除いて小房に分ける。
③ ベーコンは2cm幅に切る。
④ 中火で熱した鍋にオリーブ油をひき、「キャベツライス」、①、②、③を入れて炒める。
⑤ ④にAを加え、沸騰したら弱火にして約10分煮、塩こしょうで味を整えてお皿に盛りつけ、粉チーズをふって完成!
※お好みで刻みパセリを散らしてください。

<参考>

【栄養成分について】
「キャベツライス」と同量の「ご飯」の栄養成分を比較すると、糖質は約1/16、エネルギーは約1/8、食物繊維は約9.5倍です。

【キャベツの芯の甘みについて】(キユーピー株式会社研究開発本部の分析結果)
「キャベツライス」に使用するキャベツは、甘味のある芯の部分を使っています。キユーピー株式会社研究開発本部の分析によると、キャベツの芯は葉に比べて、甘味を感じるアミノ酸「アラニン」や、甘味強度の高い糖質「スクロース」が多く含まれることが分かっています。

【咀嚼(そしゃく)について】(キユーピー株式会社研究開発本部の調査結果)
キユーピー株式会社研究開発本部の調査によると、「キャベツライス」は、同量の「ご飯」に比べ、咀嚼回数が約2.5倍に増加することが分かりました。噛み応えのある食材を摂り入れることで、自然と噛む習慣を身につけることができるようになります。

プレスリリースをダウンロード

Page Top

トップ > プレスリリース > 製法を見直し、新パッケージデザインに! お米のように食べる野菜「キャベツライス」リニューアル ~商品やアレンジレシピを紹介する特設サイトも開設~