Instagram


プレスリリース

国産キャベツの不足に伴う対応のお知らせ

2018/03/01

株式会社サラダクラブは、国産キャベツの原料不足に伴い、3月3日(土)販売分から、「千切りキャベツの容量改定」、「千切りキャベツ ビッグパックの販売休止」、「千切りキャベツ」以外のキャベツを含む商品への「輸入キャベツの使用」を行います。

弊社が販売するパッケージサラダは、これまで 100%国産のキャベツを使用してきました。年間使用量は2万5,000 トンで、国産にこだわりながら供給責任を果たすべく誠心誠意努力を重ねています。パッケージサラダの受注数量の増加による一方で、2017年10月下旬に発生した台風、11月中旬以降から続く低温・寒波の影響による生育不足が原因となっており、契約産地からの出荷不足と価格高騰が続いています。それにより、今後当面の間パッケージサラダに適した国産キャベツの十分な調達が見通せない状況です。誠に不本意ではありますが、下記の対応を一定期間行うことで、製品の安定的な供給を行ってまいります。

容量改定について

商品名 内容量 原産地 販売地区 参考小売価格 容量変更日
千切りキャベツ 130g⇒100g 国産 沖縄県を除く全国 100円(税抜き) 2018年3月3日(土)〜5月中旬頃の見込み

一時休売品について

商品名 内容量 原産地 販売地区 参考小売価格 容量変更日
千切りキャベツ ビッグパック 280g 国産 沖縄県を除く全国 189円(税抜き) 2018年3月3日(土)〜5月中旬頃の見込み

輸入キャベツ使用について

商品「千切りキャベツ」以外のキャベツを使用している商品(14 アイテム)
予定産地台湾、韓国、アメリカ、オーストラリア
販売期間2018年3月7日(水)順次開始〜5月中旬頃終了見込み
販売地区沖縄県を除く全国

プレスリリースをダウンロード

Page Top

トップ > プレスリリース > 国産キャベツの不足に伴う対応のお知らせ